セルフエスティーム・ジャパンは社員お一人一人が「幸せに輝ける」会社作りを応援しています。

代表者紹介Profile

西條 美波 (さいじょう・みなみ)
【所有資格】(社)日本産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー

経歴

2005年~ 立教大学文学部教育学科卒業。認知心理学専攻。卒論研究テーマ「共依存の実態調査研究」 にて最優秀教育学科賞を受賞したことをきっかけに現在の研究に繋がる。同年、Webシステムインテグレーション、映画制作を手掛ける制作会社に入社。広告メディア部事業部の立ち上げ期に法人向け広告の提案営業に従事。
2007年~ 産業カウンセラーの資格を取得し、心と体の健康・カウンセリング・教育の分野を学ぶため、心身の健康ケアと教育を二大事業とする小さな会社へ転職。主に企画・営業・総務・経理等幅広く担当。教育部門で実力ある講師から学びながら、産業カウンセリング資格取得し、様々なカウンセリング及びセラピー手法を学ぶ。そして、2009年、同法人内にて総合医学研究室及び医療相談事業の立ち上げに従事。病気と心の密接な関係を学び、安定した自己肯定感が心の健康のベースとし、内側の在りかたから男性性と女性性を含めたセルフバランスを深めるため「自己肯定感と男性性と女性性のバランス理論」を開発。同社内にて研修講師として経験を積む。
2011年~ セルフエスティーム・ジャパンとして独立。2012年には、自分の喜びの方向性40項目の分布を可視化し、仕事含めたセルフマネジメントに活かしていくことを目的にしたアセスメントツール「ワークグラム」を開発。研修・セミナーの受託を開始。
2014年~ 大学で3,4年生のキャリア支援の現場に入り、アセスメントを活用したキャリアカウンセリングにて日々マンツーマンで学生達の就職活動のサポートを開始。
2019年~ 大学や企業における1000人以上のアセスメント事例をもとに、特にワークグラムを大幅にバージョンアップし、本格的に企業への導入や、ワークグラムの使い手養成・個人向けキャリア面談を開始。

座右の銘

「一期一会」「みんな違って、みんないい。」「自分だけの人生の物語をつくるのに、無駄なことは何一つ無い」「今日が人生最期の一日だと思って生きよう。その日は必ず来るのだから」

研修や面談で大切にしていること

キャリア支援の中でも個別面談では、設定したゴールに到達する場で、根気よく粘り強く、長い期間のお付き合いを視野に、一人一人の喜びや強みを引き出し、自分らしいってこうゆうことだったのか!と公私ともに充実したと感じる、腑に落ちる働き方・在り方をプロデュースをいたします。

各種研修では、企業様の求めるもの、社員様の雰囲気を考慮し、その場その場での空気感や唯一無二の生のライブ感を大切にして参ります。グループ発表等のシェアの時間、質疑応答の時間もふんだんに取り入れ、理論とワークをバランスよく取り入れていきます。受講者と双方向にコミュニケーションを取っていくことで、様々なタイプの方々の課題に対する具体的な対策や方法をお伝えしていくようにしています。お一人お一人のお心に向き合うように、心に届くように、精一杯務めさせていただきます。

ページ上部へ